職場を知るworkspace

グローカルマーケティング㈱の「社員を幸せにする組織づくり」
ビジョンを実現するために、社員を幸せにする組織づくりに徹底して取り組みます。

GLOCAL BOOK

グローカルマーケティングに所属する全社員に配布される冊子です。

<グローカルフィロソフィー>

グローカルマーケティング代表の今井による仕事や人生の指針、経営哲学です。
朝礼時に社員全員で共有し、感じたことや事例などを述べ合います。
定期的にフィロソフィーに関する勉強会も開催しています。全社員が共通の認識を持つことで、一丸となって地域創造を目指します。

<グローカルWAY>

当社の社員が持つべき重要な姿勢や意識、行動指針について記載したものです。
当社では、グローカルWAYを適切に理解し、行動に反映させることのできる人財を尊重します。

<グローカルプロセス>

当社がお客様により高い品質のサービスを提供するために、重要な業務プロセスとそのポイントを明記したものです。当社では、仕事を進めるうえでグローカルプロセスに則した行動を行う人財を尊重します。

<MBO>

あらかじめ評価者(上司)と、被評価者との間で目標に関する合意を結び、それに対する達成度合いで評価をする方式です。自分自身で目標を立てるので、より目標に向かって努力する意識も高まります。

●グローカルWAY・グローカルプロセス・MBOについては、半期に一度、結果について振り返りと評価があります。上長評価の前に自己評価を行いますので、仕事への姿勢や取り組みなど自分自身で振り返る良いきっかけとなっています。

<朝礼>

毎朝の朝礼では全社員(新潟事務所と長岡事務所、直行等で外出先の社員)をインターネットのビデオ通話でつなぎ、フィロソフィーとグローカルマーケティングビジョンの読み上げを行い、個人の気づきを共有します。
さらに、日中は新潟事務所と長岡事務所をつなぎ、両事務所の連携を図ります。

休日・休暇制度

社員の皆さんが働きやすいように、できるだけ環境を整えています。

<休日・休暇>

・年間休日105日(日・祝は完全休業)土曜日は会社カレンダーによる

・祝日・年末年始・GW・お盆休暇・慶弔休暇・年次有給休暇

・記念日休暇制度

記念日休暇として、自身の誕生日や、こどもの誕生日、結婚記念日などの記念日に有給休暇取得することを推奨しています。

・子の看護休暇制度

小学校就学の始期に達するまでの子どものいる従業員は、お子さまの傷病時に年次有給休暇と別に、一人につき1年間で5日間の休暇をとることが可能です。

保険・福利厚生

<社会保険>

・健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険

 

<福利厚生>

・健康診断

年に1回の健康診断では、社員の皆さんの健康を考えて、充実した内容で行っております。

・制服無料支給

トキっ子くらぶ事務局ではロゴ入りのオリジナルポロシャツが支給されます。
※マーケティング支援部、営業支援部、トキっ子企画運営チームには支給はありません。

・ガソリン手当

通勤費と、営業での走行距離に応じた借り上げ手当を支給します。
※走行距離に応じた借り上げ手当は2016年度より実施予定です。

・駐車場完全無料

駐車場を整備しています。長岡事務所、新潟事務所共に、きれいな夕焼けが見える駐車場です。

・定年後再雇用制度

現行制度では60歳が定年ですが、定年を迎えた社員を技能や知識・経験を積み重ねた大事な人財ととらえ、希望者には65歳まで嘱託社員としての再雇用を積極的に行っています。
平成25年4月からは「改正高齢者雇用安定法」施行され、希望する従業員全員について65歳までの継続雇用が企業に義務付けられることになりました。この義務付けは、平成25年から12年間かけて1歳ずつ引き上げられることになっています。

・退職金制度

中小企業退職金共済事業団に加入しており、勤続3年以上の正社員には退職金が支給されます。

・正社員転換制度

パート社員、契約社員として入社した社員が、正規雇用と同様の勤務時間・日数で勤務が可能となり、上司の推薦があり、社長の面接に合格した場合、正社員に転換することができます。
※2015年には、3名の女性契約社員が正社員になりました。そのうち2人は子育て中の女性です。

【社員の声】
子育て中ですが、正社員への転換のお話しをいただきました。時間はフルタイムになりましたが、周りのメンバーの理解と協力のおかげで、よほどの繁忙期以外は残業せずに帰宅できています。自分でも定時に帰ることをより意識して仕事をしているので、作業効率も上がっているように思います。(Sさん)

・育児休業推進の取り組み

安心して出産・育児ができる取り組みとして、2015年より、育児休業を取得希望する社員に対しては、産前に面談を行い、社員ごとに「育休復帰支援プラン」を作成し、円滑な育児休業の取得と職場復帰に向けての支援を行っています。
産前に業務の整理・引き継ぎをしっかり行い、休業中も定期的に会社の情報提供を行うことで、安心して育休を取得することができます。
また、会社独自の「産前産後・育休マニュアル」があり、休業中の手続について一目で分かるようになっています。

【社員の声】
今回「育休復帰支援プラン」に向けて、何度か面談をし、育休復帰後の業務について会社側と話せる機会があり、相互の意見交換ができたかと思います。
出産はこれからなので、今後どの様に仕事ができるかイメージが湧かず、不安なことは多いですが、育休復帰に向けて自分自身も努力していきたいと思います。(Hさん)

<明るく働きやすい職場を作るための工夫>

・グローカルカフェの設置

『来てくださったお客様へのおもてなし』だけでなく、ランチ後にコーヒーブレイクタイムとして社員同士がカフェを利用することにより、部署を通り越してのコミュニケーションが生まれています。

【社員の声】
お客様の来社時に、グローカルカフェの話をしたら、「こんなのができたんだ!」と言って、喜んで頂けました。また、自分自身も会社で美味しいコーヒーが飲めるので、コーヒーを買う回数も減り、助かっています。(Wさん)

・ノー残業デーの実施(毎週水曜日)

いつも以上に効率よく仕事を進めて、定時に帰れるように毎週水曜日はノー残業デーとしています。
定時に帰れた日は、家族団らんの時間に、スキルアップの時間に、情報交換の時間にと、有効活用できる時間を推奨しています。

・小さいお子様がいる方でも活躍できる社内風土

子育て中などのパート社員は、自分のライフスタイルに合わせて、勤務時間を会社と相談して決定できます。9時から15時まで、9時半から16時まで、週4日勤務など、契約時間は様々です。

【社員の声】
子どもの保育園が16時までなので、15時までの契約にしてもらいました。保育園のお迎えから家に帰っての夕飯の準備などに自分の時間が使えるので、助かっています。(Sさん)

・社内SNS活用

社内SNSを導入しています。全社員がアカウントを作成し、円滑な社内コミュニケーションを図っています。

・従業員の声の聞き取り(社員アンケートの実施)

より働きやすく、効率の良い動きができる環境になるように、自身の働き方について、アンケートを実施しています。今後も継続的にアンケートを行い、全社を挙げて職場環境を改善していきたいと思っております。

<社内交流イベント>

・月一コンパ

毎回テーマを決めて、経営者と社員がお酒を飲みながら、ざっくばらんな雰囲気の中で仕事や会社の今後を議論しています。
社内のコミュニケーションがとれるのはもちろん、経営者と社員が一つの方向を向きやすくなるので日々の仕事へのモチベーションも上がります。

【社員の声】
普段なかなかゆっくり話をする機会が無い、仕事内容が違う方とも、仕事への想い、嬉しかったことなどを話せる良い機会です。仕事帰りに飲みに行くといった機会は少ないので、皆でワイワイと楽しくできる貴重な時間となっています。(Tさん)

・新入社員歓迎会

4月には新入社員の歓迎会が開催されます。
2015年はボウリング大会でした。ゲームで盛り上がった後は、皆で焼肉屋さんへ行き、楽しい一日を過ごしました。新入社員のメンバーが先輩社員とチームを組み、お互いの距離が近づいたイベントでした。

・納涼会(全額会社負担)

社員交流として、全社で集まるイベントです。毎年、楽しい企画が盛りだくさんのBBQが開催されています。
社員の家族の参加も大歓迎です。お子さんもたくさん参加されています。
2015年はBBQに加えてそうめん流しやビールが当たるたこ焼きジャンケン大会などで大人も子どもも、皆で盛り上がりました。
家族に会社への理解を深めてもらうことで、働きやすい環境づくりに繋がります。

【社員の声】
事務所、部署を超えて社員の家族と一緒になって楽しく交流できました。仕事の話だけでなく、プライベートについても知り合うことで、親交が深まったと思います。(Sさん)

・社員旅行(全額会社負担)

年に1度、慰安も兼ねて会社負担の旅行を実施します。2015年は蓬平温泉「和泉屋」へ行きました。表彰式があったり、チーム対抗クイズがあったり、宴会は大盛り上がりでした!
いつもなら家にいる時間帯に、皆で温泉に入るという非日常を共有することで、メンバー同士の心の距離が近づきます。
翌日の観光も全額会社負担の自由参加で、朝日酒造の酒蔵めぐりを満喫し、旅行ならではの解放感を楽しみました。

【社員の声】
社員旅行では、お酒を交わしながら、みんなで楽しくその年の幹事の方が考えた出し物(ゲームやカラオケなど)で、楽しませてもらっています。部屋で集まる二次会は、普段あまり話すことができない他部署の方と、会社のことを熱く語ることができ、部署を超えたコミュニケーションが取れます。宿泊だけでなく、翌日は観光がスケジュールにあり、見ごたえのある施設見学も楽しみの一つです。(Tさん)

<ハッピーパートナー企業認定>

新潟県ハッピーパートナー企業に登録し、働きやすい職場環境を整えています。

・育児休業、介護休業制度の推進

・育児・介護短時間勤務制度の推進

【社員の声】
今までは休日以外は子どもとゆっくり過ごす時間が取れなかったのですが、育児休業を取って子どもと長い時間一緒にいることで、ようやく子どもから父親として認められた気がします。保育園の送り迎えなど、普段なかなかできない経験をできたのも嬉しかったです。(Mさん)


新潟県のハッピーパートナー企業取組み事例の冊子にも掲載されました。

教育制度

当社は社員の学びを支援するため、以下の教育制度を社員に認めています。

・図書費:年間2万円まで支給

【社員の声】
この本がほしい、このセミナーに出たい!と思った時に図書費を充てることができるので、非常にありがたいです。自分の財布を考えなくても学ぶことができます。この制度のお蔭でより意欲的に学ぼうと思えます。(Tさん)

・出勤日(主に土曜日)を利用して、社内研修を実施。部内参加、任意参加など。

新入社員研修を始め、2015年には知的財産に関するセミナーやロジカルシンキング研修などが開催されました。

・マーケティング大学への積極参加

社内の共有認識を作りノウハウを共有するためにも、積極的な受講を推奨しています。受講した内容は、実践に活かすよう働きかけています。
また、社員の参加によって、講義の進め方や内容についての意見・感想が講師にフィードバックされるので、講師担当の成長の場にもなっています。

社内委員会制度

社員一人ひとりが主体性を発揮し、組織づくりに取り組むため委員会制度があります。
各委員長を中心に社員が積極的に組織を活性化していきます。
・社員一人ひとりが主体性を発揮し、組織づくりに取り組むこと
・委員長等のリーダーの役職を経験することで、社員の成長に繋げること
・部門を超えて委員会を運営することで、全社のコミュニケーションを円滑にすること
を目的としています。

<社内委員会>

〇ワーク・ライフ・バランス推進委員会

目的:仕事と生活の調和を実現し、働きがいのある職場を実現する
内容:ワーク・ライフ・バランス推進について議論し、実践を行う

〇社内活性化委員会

目的:ビジョン・フィロソフィーの浸透と賞賛し合う組織風土を実現する
内容:月一コンパの運営、社内表彰制度の構築、賞賛し合う組織の仕組み作り

〇図書研修委員会

目的:「学び続ける組織」を実現する
内容:図書館管理、図書費制度運用、社内研修の企画・運営、スクラップ情報の発信

〇親睦委員会

目的:社員同士の親睦を図り、良好な社内人間関係を構築する
内容:歓送迎会、納涼会、社員旅行等の社内行事の企画・運営

〇社内美化委員会

目的:社内環境の美化を図り、快適な職場環境を実現する
内容:職場の整理整頓の徹底、職場の環境整備の実施

〇フィロソフィー共有委員会

目的:グローカルフィロソフィーの浸透を通じて社員一人ひとりの成長を図る
内容:フィロソフィー勉強会の実施、フィロソフィー浸透施策の企画・実施

〇経費削減委員会

目的:社員一人ひとりの意識・行動の徹底により、経費を最小化させる
内容:経費を最小化させるための啓蒙活動の実施